プロポーズをしない彼の心理とは【交際期間が長いカップルの落とし穴】

交際中の彼から、プロポーズの気配はありますか?

・彼との仲は順調。
・10年近く付き合っていて、お互いに30代半ばを超えて結婚のにも相応しい年齢になっている。
・なんなら家族ぐるみの付き合いもしている。

なのに、なかなか彼がプロポーズをしてこない・・・。

こういった状況に陥っている交際期間の長いカップルは意外と多いです。
その彼の心理を、多くの男性のリアルな意見から紐解きます。

結婚観の男女の違い

男性の脳裏に浮かぶ「責任」「縛り」等のマイナスワード

どれだけ真面目な彼だとしても、身を固めることには大きな責任が伴います。
彼女のことは大切だけれど、できるならまだもう少し責任を抱えない自由な立場で恋愛をしていたいと思う人が多いです。

結婚というものを、次のステージにステップアップする前向きなものと捉えるか、それとも今まで持っていたものを失う窮屈なものだと感じるか。

そこが、結婚というものへの男女の捉え方の違いが現れやすい部分でしょう。

当サイトでは、まずは下記の決定的な打開策を提案します。

結婚をするなら早い方が良い

結婚をすることが窮屈に思えてしまうのは、場合によっては女性も同じです。

例えば、キャリアウーマンとして仕事を続けて立場のある役職を任されると、仕事を理由に色々なことの決断が鈍くなってしまいがち。

仕事に邁進するのか、穏やかな家庭を持つことに夢を見るのかは人それぞれ。
自分の中に確固たる柱をひとつ構えるのが大切です。
あっちもこっちも彷徨っていてはどっちつかずになってしまいます。

もちろん結婚をすることだけがすべてではなく、それ以外のものにプライオリティを持っているのならば人に合わせて結婚を追い求める必要など全くありません。
大切なのは迷わないこと。そして、恥じないこと。

結婚をしたいと考えるのならば、自分も彼も少しでも若いうちにすることをお勧めします。
そもそも、35歳まで未婚だった女性がその後結婚する確率は2%と言われています。

結婚できる確率と年齢

お互い若いうちに勢いで結婚をした方が、結果的に幸せ!?

考えすぎずに勢いで結婚するべきとの意見にはデメリットや異論も多いかと思います。
ただ、結婚についてその道の諸先輩方にアドバイスを乞うと、「結婚は勢いでするものだ!」とシンプルな回答をする人も多いです。

誰しも、多かれ少なかれ後悔を抱えながら生きています。
隣の芝生は青く見えるもので、社会で共同生活をしている以上他人の情報はたくさん入ってきてしまうため、羨望を抱いてしまうタイミングなど探さずとも山ほどあるでしょう。

ましてやスマホ一つで世界中のニュースや話題が伝わってくる現代。
あなたの理想を実際に手に入れている人も世の中には居るでしょう。
しかしいつまでも躊躇をして、昔は簡単に手に入ると思っていた”そこそこの結婚生活”さえ手に入れられずに独り身のまま性格が卑屈になっていく・・・という未来よりは何倍も素敵ではないでしょうか。

弱さを見せて、彼に”格好つけるタイミング”を与える!

男性の心理を理解する

一つのキーワードが、「男とは、格好つけたい生き物」ということ。

特に好きな女性の前ではいい格好をしたいと自然に考え、それは行動にも表れます。
女性の社会進出は既に当たり前になっていますが、男性が女性を養うという社会の風潮は根深く残っており、そうすることが男のステータスにもなるという感覚・考え方も社会全体に存在します。

男性の中に多く見られる結婚観として、結婚は相手への責任・誠意と捉えている男性が多いようです。
周りにはまだ遊んでいる同世代がいる中で、自分は一人の女性を愛して一生を背負う責任を選んだ、というのは男性としてのステータスになり、それこそ社会や会社、友人付き合いにおいても格好がつきます。

彼氏の心理を確かめる

急かすほど遠のくのが結婚

結婚を焦らされるあまり、こちらからプロポーズしてほしいとプレッシャーをかけてしまってはいませんか。
男性は、プロポーズなどの重要なイベントは自ら進んで決行したいものです。
その後も一生記憶に残るであろうその瞬間は、できれば格好いい思い出にしたいからです。

私たちにとっても、こちらから急かしたプロポーズよりも彼が自ら伝えてくれる言葉の方が嬉しいはずです。

こちらから求めるのではなく、時には弱さや不安を見せて、彼に男気を発揮させるべきタイミングを作り出してみるのは、男心を把握した良い方法と言えます。

相手の親と面識を持つことの本当のメリット

当サイトでは別れさせ屋の行う別れさせ工作や復縁工作といったサービスの評判を紹介していますが、そこでよく目にする意見が、「そのカップルが家族ぐるみの付き合いをしている場合は、別れさせ工作の成功率が下がる」というもの。

つまり、相手の親と面識を持っているカップルは別れる確率が低いのです。

あなたがどうしても彼とずっと一緒に居たいと思うのであれば、早い段階で相手の親と仲良くなっておくのも現実的に有効な一手です。

ただしそれはあくまで「別れにくくなる」という効果があるに過ぎず、結婚に近づくとは限りません。
どういうことなのか、下記で解説をします。

結婚をせずに、中途半端な関係が続いてしまうことも

冒頭でも触れましたが、交際期間だけは長く続いているものの彼から結婚の具体的な意思は聞こえてこないというカップルも多いです。

結婚前に相手の親と親密になってまるで親戚のような付き合いになった場合、そこから環境や付き合い方を変える必要性を感じなくなる、というパターンもあります。

結婚とはあくまで、それまでは一組の彼氏彼女に過ぎなかった新しいステージに進むという人生でも最大規模の行事です。
その前段階と後で大きな変化があるからこそ、その手続きに必要性が生まれます

つまり、既に家族同然という関係性に落ち着いているのであれば、彼の中にも「結婚してもしなくても一緒じゃない?」との考えが浮かぶのもある意味当然です。

結婚は相手を繋ぎとめるもの

独占欲は誰しもあり、自分が好きなものはつなぎとめておきたいと思うもの。
そのため、結婚をしたいことを強く伝えて、その価値観が合わないのであれば別れをちらつかせてみるのも効果的。

しかし、ポイントは先ほども出た通り「男心を刺激すること」です。
こちらからプレッシャーをかけたり、駆け引きをした先に結婚はありません
男性はあくまで、自分の意志でその責任を背負いたいのです。

そのため、この方法はすぐに結婚したいという人には向いていません。
「自分はあなたと結婚したいのに、プロポーズしてくれないから困っている」という立場を相手に伝えるだけ伝えて、分かってもらえたら、いずれ彼がそれを受けて”自分から”プロポーズをしてくるのを待つというのが最も効果的。

急かしたところで幸せな未来は待っていません。

本当の結婚適齢期とは

2010年代は社会の考え方も大きく変わった10年間と言え、男女の価値観にも変化をもたらしました。

「マッチングアプリ」という言葉が完全に市民権を得て、アプリで知り合うことに抵抗を感じる人や、それを公言することもやぶさかではないという人も増えました。

女性の管理職登用を積極的に行うよう社会全体で動きが出たり、それらの変化は総じて「生きる選択肢が増えた」というプラスの効果も多いでしょう。

そんな現代においての結婚適齢期はどれくらいなのか。
それは、男性が考える適齢期女性が考える適齢期に分けて見つめる必要があります。

女性が思う適齢期:27歳

多くの女性は27歳が結婚に相応しい年齢と感じています。

具体的には、大学を出て社会人になった場合、仕事にも慣れてきた頃に本腰を入れて相手を探し、何人かとの恋愛を経たうえで最高の相手と2,3年交際をして結婚、という流れを理想と呼ぶならば、必然的に27,8になるのでしょう。

あくまでその「多くの人が掲げる理想のコース」を「理想通りに行った場合」に27歳が適齢期となるという数字であり、実際に女性が結婚する平均年齢は29.4歳です。

結婚に限らず何でもそうですが、予定や理想はその通りに行くことの方が少ないです。
そのため、本来は平均結婚年齢が29.4歳よりももっと遅くなっても不思議ではありません。
「そろそろ適齢期だから結婚しよう」という考え方や、30歳という区切りの良い数字が目前に迫ってきたために結婚を焦って成婚したという事情も見え隠れします。

また、「結婚だけでなく出産まで考えると27歳」との意見も目立ちます。

結婚適齢期の平均

男性が思う適齢期:30歳前後

多くの男性は、男女ともに30歳くらいが結婚の目安だと感じています。
キリよく30歳、と漠然と答えている人も一定数いるとは推察されます。
しかし男性の実際の結婚平均年齢は31.1歳と、多くの人が思う適齢期とさほど差はありません。

しかしひとつ頭に入れておかなくてはならないデータは、「多くの男性は、28歳を能動的な転職の期限と考えている」というものです。
これについて詳しく解説します。

20代後半の男性が直面する、「転職適齢期」と「結婚適齢期」の板挟み

”能動的な転職”とはつまり、独立やキャリアアップのための前向きな自主退職を指します。
つまりは、「ここで一旗揚げよう!」と行動を起こすことです。

28歳~30歳と言えば、大卒で入社したならばおおよそ6年ほどが経ち、ノウハウやスキルが身に着き、場合によっては部下を管理するポジションにも就く頃です。

上を見ればベテラン社員はたくさんいますがその人たちのように会社に骨をうずめるのか、それとも自分のセンスを活かして同業の大手に移るのか、はたまたこの経験を活かして自分で会社を立ち上げるのか。

28歳という年齢は、そういった考えの最大の分岐点と言われています。

逆にその年齢を過ぎると、30代半ばになっても就業している会社をその後自主的に退職するケースは一気に減ります。
給料や立場など多くの要素が障害となったり後ろ髪を引いてくるためと考えられています。
30後半で転職したものの万一それが失敗した場合、全く知らない会社でイチから新入社員としてやっていくのはちょっと・・・という不安はフットワークを重くするでしょう。

しかしその手前である20代後半は、まだギリギリ仕事を変えることにもリスクや不安はない年齢であり、なおかつそれなりに経験値も溜まってきた頃合でもあり、言ってしまえば自分の仕事を決めるうえで最も重要な時期です。

奇しくもそれが結婚適齢期と見事に重なってしまっていることが、多くの人を悩ませる要因になっているのでしょう。

まさに、「仕事を取るか恋人を取るかどっち!?」という人生の二択を、それぞれがクライマックスに入っている状態で突きつけられています

男の脳の女の脳の違い:「論理的か直感的か」

男女の違いは様々な部分に現れますが、男女の脳の思考回路の違いは既に科学的に証明されています。

女性の方が精神的に強いとよく言いますがそれは科学的にも一部では証明されていて、女性は直感的に物事を考えて、決断よく先々へ進んでいくという傾向があります。

それに対して男性は、物事を一つ一つ論理的な筋道を立てて考えたい生き物であり、「これは必要なのか?必要だとしたらなぜ?使い道はどういったものがあるのか?」といったことを事前に並べたい傾向にあります。

「女々しい」のはむしろ男性の方

よく「こうなったらどうしよう・・・失敗したらこれだけの損をしてしまうのか・・・」と、初めからあれこれと考えていつまでも決断をしないことを女々しいなどと言いますが、女々しい人はむしろ男性に多いと言えます。

それが形として表れているのが、囲碁棋士や将棋棋士などの頭を使った職業の方です。
これは男女どちらが秀でているかという話ではなく、特性として、囲碁や将棋は男性の方が強いです。
なぜならそういったボードゲームは直感ではなく論理的に思考を積み重ねていくもののため、向き不向きの問題として男性の方が向いているのです。

結婚にかかるお金

現代男性の本音①「結婚に魅力を感じない」

生き方も趣味も多様化している現代においては、仕事をして恋愛をして結婚をして子供を作って、という王道の生き方だけが全てではないという考え方になってきています。

時代は変わってきているとはいえ、男性は女性ほど子育てに熱心ではない人も多く、生涯独身を貫く人の割合も今後右肩上がりに増えていくことが社会全体として予想されています。

結婚に魅力を感じない男性が増えるということは、よほどの好印象を相手に与えない限りその壁を打ち破ることはできません。

もはや、結婚と恋愛は別物だと考えるべきなのかもしれません。

結婚はしたくなくとも、恋愛は人並みにしていきたいと思う男性は依然として多いです。
恋愛の延長線上に結婚があるのではなく、相手と楽しい時間を過ごすための恋愛と、将来を見据えた結婚はしっかりと分離して相手探しをしていくのも良いのではないでしょうか。

男性の本音②「結婚にはお金がかかる」

女性と男性の意識の違いは色々なところに現れますが、その最たる部分の一つが結婚式への意識でしょう。
結婚を「ゴールイン」と捉える傾向が強い女性に対して、男性はそれを「”既婚者”という新たな人生のスタートライン」と考えます。

既にこの記事でも触れていますが、既婚者としての生活は決していいことばかりではなく様々な制約や規制も強いられる・・・と事前にメリットもデメリットも予想したいのが男性です。
手放しで喜べないものの入り口で盛大に式を挙げたいと思う男性はやはり少なく、そのため結婚式への意識は、女性との乖離が激しい部分の一つになります。

お金がかかるから結婚をしないでおくという選択をする方は少ないでしょうが、事実として式を挙げるのにかかる費用の高額さから結婚を質素に行いたいと思う男性は多いです。
式は豪勢に挙げたい!という女性との結婚は、その後の長い結婚生活にも多くのお金がかかるのではないかと不安になり、交際や結婚に一歩引いてしまうというのは男性に見られる心理でしょう。

結婚にかかるお金を徹底検証!

「結婚にはお金がかかる」と、マイナスなイメージを持つ方も多い現代。
具体的にどれくらいのお金がかかるのか、その内訳を含めて検証していきましょう。

目安として総額400万円前後を見ておくべき

まず最も大きくかかるお金としては、結婚式場代。
これに関してはある程度こちらの予算次第でプランを選ぶことができますが、式場利用代だけでなく料理代、衣装代など諸々を入れると200万円は必要になります。

また、お色直しの回数にもよって変動します。
一生に一度のイベントであるということと、現実的な予算のバランスを取らなくてはどんどん費用が膨らみます。

指輪は受け取るだけではありません

また、まとまったお金がでていくのは結婚式場関係だけではありません。
まずは指輪。
婚約指輪が30万円~40万円、結婚指輪が二人分で30万円前後の価格のものを選ぶ方が多いようです。

また、指輪に関しては女性はもらうだけだから関係ない、と思ってはいけません。
もらった指輪に対する返礼品を送るのが一般的な儀礼となっており、おおよそその半額以上の物(多くは時計など)を渡す方が多いです。

新婚旅行は節約重視か思い出重視か

そして新婚旅行に行くならその分の費用も安くは済みません。
ハネムーンに海外を選ぶか国内にするのかにもよりますが、30万円~50万円の予算の中で奮発する方が最も多いというデータがあります。

一生に一度のものなので贅沢をしたいところです。

結納式や顔合わせ食事会も忘れないで!

また、結納式顔合わせ食事会はそのどちらかを開くのが通例です。

二人の間だけで結婚の約束をするのがプロポーズだとすると、結納とは両家が集まって結婚の意思を表明する儀式。
結婚式を挙げる半年~1年前に行われるもので、こちらにもおおよそ20万円前後がかかります。

そもそも結納式とは、この先親族となることを両家が祝ってお互いに結納品を送り合うことが通例。
物を送り合うという部分に主眼が置かれている儀式でもあるため、そこにお金をケチってしまっては結納式を開く意味も薄れてしまいます。

そして、そんな結納式を簡易的にしたのが顔合わせ食事会。
家同士の挨拶を食事会のみで済ませる場合は、費用を5万円程に抑えることができるでしょう。

ご祝儀の平均額とお返し

ご祝儀は平均200万円ほど

出ていくお金もあれば入ってくるお金もあり、それがご祝儀。
平均的に190万円~230万円がご祝儀の合計額になることが多いようです。

一人一人からのご祝儀の平均額は、親族なら7万円前後、上司や恩師なら5万円前後、友人なら3万円ほどが相場となっています。

結婚と税金の話

ちなみに少し堅苦しい話をしますが、結婚式でいただくご祝儀に税金はかかるのでしょうか。

答えは、一応かかりません

一応、と書いているのは、あくまで税務署が目を瞑っているからです。
普段は事務的に業務をこなしているイメージのある税務署職員ですが祝い事に関しては寛大なスタンスを取っており、ご祝儀に贈与税をかけることは基本的にありません。

しかしその金額が「社会通念上相応しくない金額」と判断されてしまうと税金がかかります。
たとえば一個人や会社から100万円単位のご祝儀をいただいた場合等がそれに該当するようです。
もしも個人からそういった高額なご祝儀をもらった場合は贈与税が、そして自分が勤める会社からの場合はそれは給与所得として扱われるため所得税がかかります。

また、結婚を祝う等の意味で式の費用を親が全額負担し、実質本来自分たちが払うべき金額分を贈与された形になった場合。
それに関してもご祝儀と同じで、相場よりも異様に高額な式を開いたり多数の贈答品などを用意している場合は「社会通念上相応しくない」と判断され、贈与税の非課税対象額である110万円を超えている部分に課税されます。
夫婦におけるお金のやりとりにおいて贈与税などの税金がかかるケースとかからないケースについては、結婚時・離婚時の婚姻費用や慰謝料と税金についてのページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました