子育てにかかるお金の総額は?一人親で払える?離婚を考え直す理由

子育てにかかるお金

一人親となった人は子供を育て上げるまでにどれほどのお金を稼がなくてはいけないのか。
子育てにかかるリアルなお金を見ていきましょう。

育児や教育には2500万円は必要

一人の子供を大学卒業まで育て上げるのにかかるお金の総額は、3000万円とも4000万円とも言われています。
全ての教育機関を公立・国立で通して塾などの補助的な教育も受けさせない場合でも2000万円を切ることはあり得ませんので、最低でも2500万円は必要になります。

離婚したくても離婚に踏み切れないいわゆる「仮面夫婦」もたくさんおり、それは子どもの教育に悪いから離婚を先延ばしにするという背景もあるのでしょうが、現実的にはお金のためという側面も強いです。
ひとりで育児しながら自分の生活費とは別に総額2000万や3000万を作り出すのは相当な苦労が必要です。

養育費は足しになるのか?

養育費の支払い

離婚した場合はほとんどのケースにおいて母親に親権が移ります。
(詳しくは親権の決定方法と種類をご覧ください)

そして現代においてもやはり男性が働きに出ている家庭が大多数ですので、女性一人の片親となると育児のために費やせるお金が少なくなり、それこそ子供のためになりません。
「子どもが片親でも良いと言っている」というケースでも、現実的に育児のお金を一人でまかなうのは、たとえバリバリ仕事をしている男性であっても難しいことがあります。

少しでも一人親の育児の足しになるのが養育費ですがそれとは別に離婚時の財産分与などもあります。
結論から言うと養育費などはたいして当てになりません。
それをしっかり払う人の割合は驚くほど低く、詳しくは離婚時にかかるお金・財産分与、慰謝料、婚姻費用などについてなどもご覧ください。

子どもに悪いからという理由で離婚を先延ばしにすることは正しい選択ですが、その理由にしっかりとフォーカスを当てましょう。
現実問題お金を解決できるめどがついてないままの離婚は、子供に今以上に辛い思いをさせることになるケースもあります。

離婚したいけど踏み切れない理由とは

よく「夫婦関係は冷え切っているが子供のために離婚はしない」という話を聞きませんか?

実に現在の日本における離婚率は35%ほどに上ります。
つまり3組に1組が離婚していることになりますが、匿名アンケートでは現在も婚姻中の夫婦の17~21%が「本当は離婚したいけれど様々な理由で仕方なく継続している」という状況とのデータもあります。

俗に言う仮面夫婦という状態ですがそうなっていても離婚に踏み切らない理由はいくつかあり、その最たるものがやはり子どものためなのです。

仮面夫婦が離婚に踏み切らない理由(複数回答可)

事情割合背景
子供のため76%子供が成人するまで待つ(30代男性)、片親はかわいそう(30代女性)etc
経済的な事情53%慰謝料も大してもらえないことが分かってるので生活に困るくらいなら仕方なく夫婦でいる(40代女性)etc
将来性21%別に離婚してもいいが次の相手もいないし見つからなさそう(50代女性)etc
世間体9%結婚したばかりですぐ離婚するのは会社内での評判に影響しそう(30代男性)etc

つまり実質的には結婚した夫婦がその後も離婚を意識せずに円満な関係を築けるのは約半分ほどであり、もう半分は離婚を意識しているということにもなります。

離婚の決断を下すことは現代では珍しくありませんが、それは子供にどういった影響を与えるのか。
「子供に悪い」という理由で離婚を先延ばしにするのは、果たして本当に子どものためになっているのか。
その点を検証していきましょう。

片親の家庭で育った子供の犯罪率【目を背けてはいけないデータ】

離婚と子供の影響

まず子供が非行に走る年齢というのは14歳~17歳が最も多いです。
つまり中学2年生から高校2年生頃までということですね。

非行に走りやすい年齢においては、①母親・父親ともにいる家庭、②母子家庭、③父子家庭の3つでさほど大差はありません。

ただし、非行に走ってしまう割合には大きな違いがあるという事実に、大人は目を背けてはいけません。

両親ともにいる過程に比べ、母子家庭で育った子供の非行率は約2倍以上、そして父子家庭で育った子供の非行率は4倍以上に上ります。
(参照:一人親で育った子の犯罪率のデータ

もちろん、その子の家庭環境だけが要因だと断じるつもりはありませんが、数値が示しているように家庭環境が多少なりとも影響をもたらしていることは目を瞑れない事実です。

一人親の家庭と両親ともにいる家庭での、子供に与える現実的な違いを見ていきましょう。

物理的に減る「子どもが親と接する時間」の大切さ

一人親で育てるとなると、どうしても子供に向き合う時間が減ります。
思春期の子供の中には親とさほどコミュニケーションを取りたがらない子もいるでしょうから、親子で接する時間が不足していることがさほど悪影響を及ぼしていないように見えてしまいがちです。

こちらは愛情を持って接していても、そもそも一緒にいる時間が少ないのであればそれが伝わることもなく、そうした「子が感じる親からの愛情不足」は少しずつ溜まり溜まっていつしか違う形で爆発するのではないでしょうか。

また、子が嫌うのが「分かってないのに偉そうに文句を言ってくる大人」でしょう。
子には子の世界やルールがあり、普段ろくにコミュニケーションを取ってないくせにこちらのことを知ったふりして偉そうに意見をしてくる大人というのは、当然イライラの対象になるでしょう。

大切なのはコミュニケーションの量です。
こちらは愛情を持って接しているとか、子供の方から距離を取っているとか、そういったことは関係ありません。
子どもの好きなこと、学校ではやってること、嬉しかったこと、将来のこと。
そういったことを「ちゃんと知ってくれている」と子に思ってもらえるかです。
大してこっちのこと知らないのに成績が下がってるから勉強しろとかちゃんとしろと言われたら、子供に限らず誰だって反発します
ただし大人と違ってまだその反発度合いの加減が上手く調節できないことが多いため、結果的に非行に発展してしまいます。

日常的に親と子との時間が減るということは、はっきり言ってデメリットしかないでしょう。
別に、一人親がダメだと断罪しているわけではなく、子供と接する時間が減ることがダメだということです。
「それは一人親なんだからしょうがないじゃないか」と刀を返す方もいますが、そういう方は「子どものためではなく自分のために離婚した」という意識を持つべきではないでしょうか。

一人親でも、仕事をしながら一生懸命子供との時間を作ろうと頑張っている方もいます。
ただし、特に思春期の子供に対してはそういったこちらの努力が無下にされることも多々あるでしょう。
それはもはや「親と思春期の子供あるある」でしょう。
子どもから見ればそういった親が鬱陶しく見えてしまいます。
しかしそれでもひたむきに、何とか子供との時間を確保するべく仕事と育児に奔走する覚悟があって初めて立派な一人親と言えるのではないでしょうか。

ひとり親の負担は想像を超えるものです。
精神的にも肉体的にも、そして経済的にも過酷です。
ひとり親でも余裕だった!という声はかなり少数、少なくとも身の回りにはいませんよね。
それはここまで解説したお金の問題もあって、養育費の平均額を見てもらえれば分かりますがたかだか月5万円程度のお金ではこちらの家賃程度にしかなりません。
そうなると実質子供にかかるお金のすべては自分で負担していることになるので経済的に負担が増えるとそれは精神的にも体力的にも辛くなります。
それぞれが連動していることなのでお金だけがあればOKというものでもありません。
あなたが毎日しかめっ面で生きている様子は子供にも伝わって、その家庭内の不和がさらにあなたのストレスになるという悪循環は目に見えていますよね。
子供は思っている以上に親のことを見て、その空気を敏感に察知します。
幸せな家庭を維持できる準備は、早いうちに見通しておくに越したことはありません。

タイトルとURLをコピーしました