北海道の別れさせ工作とは

実は北海道には別れさせ屋は存在しない!?そのからくりとは

別れさせ工作というサービスは全国に広がっていて、ほとんどの会社が日本各地で依頼を受けています。

しかし北海道を専門に行っている別れさせ屋は一つも存在しません
それはどういうことなのか。
その部分を理解するには、別れさせ屋という会社の実態を知る必要があります。

別れさせ屋は引っ越し屋に近い

イメージとしては引っ越し屋に近いのかもしれません。
トラックとそれを運転して荷物を出し入れする人間さえいればできるのが引越し屋ですが、別れさせ屋も調査員と工作員、そしてお客さんと話す相談員さえいればやることができる仕事です。
大きな本社を構える必要もなく、簡易的にレンタルオフィスを設けて運営をしている別れさせ屋も多数存在します。

つまり簡単に全国で依頼を受けることができるため、北海道やその他各地においてその地域だけで専門的に依頼を受けてる別れさせ屋は存在しないのではないでしょうか。
ほとんどの別れさせ屋は東京か大阪に本社を構えていて、依頼があれば全国各地に出張に行って対応をしています。

運営に維持費がかかる会社を利用すれば、当然依頼者の支払額も増える

ここまで別れさせ屋の一つの事情を考察しましたが、別にそういった運営方法が悪いこととは言えません。

実際に北海道内に拠点を設けても、その維持費をまかなってさらにプラスの利益を上げるというのは、いくつもの会社が進出している北海道においては難しいことと言えます。
それをするためには他の別れさせ屋よりも高額な費用を依頼者に提示しなくては元が取れないため、むしろ依頼者側にとってはデメリットとさえ言えてしまいます。

たとえばですが沖縄に本社を構えている別れさせ屋も存在しません。
常識的に考えてそれで採算が採れるはずがないからです。
本州に行くためには時間をかけて飛行機やフェリーでしか移動ができない沖縄に拠点を作ってしまえば、実質的にその拠点からは沖縄県内でしか稼働ができませんが、その拠点の維持費+人件費+工作の経費+利益を安定して上げられるほど、沖縄県内における別れさせ屋の依頼ニーズは高くありません。

つまり、まだまだ世間的な認知度の低い別れさせ工作というサービスを各地方都市で行う際、各地方ごとに拠点を持てるほどまだ市場全体が賑わっていないと考えることができます。

タイトルとURLをコピーしました