内縁関係や事実婚の夫婦とは。意味やメリットを解説

内縁や事実婚とは何か

たまに耳にする「内縁の夫婦」や「事実婚」という言葉。
その状態の本当のメリット・デメリットを知り、自分の選択の幅を広げましょう。

内縁の夫婦や事実婚とは、生計を共にする夫婦同然の男女

事実婚の簡単な定義は

婚姻届けを出さない婚姻

参照:男女トラブル弁護士相談ナビ

とありますがもう少し詳しく見ていくと

婚姻届けは出していないけれど当事者同士が夫婦と認識し、
なおかつ生計を同一にしている男女のこと

それを事実婚や内縁の夫婦と言います。

内縁の夫婦と事実婚というのは同じ意味です。

対義語は届出婚や法律婚

それらに対して、役所に婚姻届けを出している夫婦のことを「届出婚」「法律婚」と言います。

「同棲」とは違う?

同棲と内縁は異なるものですがその違いというのは大したことではなく、本人たちの気持ち次第です。

生計を同一にしていてもまだ夫婦という認識がないのであればそれは事実婚や内縁ではありません。
逆に周囲には「同棲」と言っていても本人たちには夫婦の自覚があるのであれば、それは内縁と言えます。

なので「内縁」と聞くと仰々しく聞こえますが、実際は同棲の延長線上にあると考えても間違いではありません。

内縁や事実婚と届出婚の違い

事実婚や内縁の違い

違いはいくつもありますが主だったものとしては次のようなものがあります。

内縁の男女は違う戸籍のまま

事実婚や内縁と届出婚との違いを解説する上でキーになるのはこの点につきます。

届出婚であればその男女は同一の戸籍に入ります。
細かく言うと、男女それぞれが自分の両親の戸籍から抜け、そして(多くの場合)男性が筆頭者となる新たな戸籍に女性も入るという形です。
(この点に関して詳しくは戸籍に関する知識と疑問を参考にして下さい)

一方で事実婚の夫婦は役所に届出を出すことがないため、戸籍に変化はありません。

これ自体は別に事実婚と届出婚を比べるうえでは損でも得でもないことですが、これが原因となって多くのメリット・デメリットが発生しています
それを個別に見ていきましょう。

事実婚・内縁のメリットとは

名字が変わらないので面倒な手続きが不要

届出婚なのであれば多くの場合で男性の戸籍に女性が入るため、それによって女性の名字が変わります。
戸籍と名字はリンクしていますからね。

しかし事実婚であれば戸籍は別のままなので、それぞれの名字は変わらないまま。

届出婚によって名字が変わると多くの手続きが必要でそれはかなり面倒です。
それをすべて省けるという点をメリットに感じている女性は多いです。

しかし一方で、「相手の名字を名乗りたい!」という希望があっても内縁であれば基本的にはそれは叶いません。
養子縁組をするという方法もありますが、それについては養子縁組についての別記事を参考にしてメリットなどを理解してからにしましょう。

事実婚を解消しても戸籍に記載されないため、絶対にバレない

届出婚をした夫婦が離婚すると、その男女の戸籍それぞれに離婚したことが分かる記述が増えます。

しかし内縁なのであればそもそも戸籍には初めから何の変化も手続きもないため、それを解消しても影響はありません。

事実婚の場合も「転籍」と言って本籍地を変える手続きをすれば表面上は離婚したことが分かる記載を消せますが、過去の戸籍を全て調べれば確実に分かります。
本人や弁護士などの法曹関係者ではなくとも、正当な理由があれば他人の戸籍を全て取り寄せることもできますので、事実婚をした人が離婚歴を完璧に隠すことは不可能なのが現実です。

事実婚のメリット

事実婚・内縁のデメリットとは

相続では大きく不利に

内縁関係なのであれば相続対象にはなりません。

しかしどんな手を使っても1円も相続できないわけではなく、「遺贈」と言って、遺言書に「私は〇〇さんに○○円を相続します」と明記すれば法定相続人ではなくても相続が可能ではあります。
しかし通常の相続に比べて遺贈には余計に多くの税金がかかったり、不慮の事故などで急逝してしまって遺言書が無い場合は、「特別縁故者」(生前に生計を同一にしていた者)としての立場を明確に証明し、裁判所がそれを認めた場合でないと相続できません。

そこが、何もしなくても自動的に法定相続人として認められる配偶者との違いです。
法定相続人への相続であれば多額の控除を受けられるため、特別縁故者に比べて非常に大きな優位性があります。
(相続税について詳しくは、結婚と内縁の相続税の損得の違いをご覧ください)

なのでもしあなたが内縁関係を結ぶのであれば、今の内から遺言書を作成しておくのが賢い備えです。

子どもの戸籍と親権

事実婚の状態で生まれた子は母の戸籍に入ることになります。

その状態では父と子を結び付けるものは何もないので、「認知」をすることで父の戸籍謄本にも「〇〇(子の名前)を認知」という文言を加えることができます。
認知の方法と手続きについて詳しくは別記事をどうぞ)

認知をすれば事実婚であっても子供は父親の法定相続人になることはできます。
しかしその状態でも親権は母か父のどちらか一方が持つことになり、内縁の夫婦がともに子供の共同親権を持つことはできません。

よく、「事実婚は子供がかわいそう」と言われるのはそのためです。

法律婚状態なのであれば認知をするまでもなく父親になり、そして両親ともに親権を持てます。

税制面での控除が受けられない

事実婚であれば配偶者控除や配偶者特別控除という、税制面での優遇が受けられません。
まだお若い方であればだいぶ先の話ですが、もし内縁の夫が亡くなってしまった際の相続においてはその違いが結構重くのしかかります。

相続税というのは控除額がかなり大きく、本来であれば最低3000万円の基礎控除枠があり、そのうえで相続人の人数×600万円の非課税枠があります。
なので法定相続人がおらず自分ひとりが相続する場合、財産が3600万円以内であれば非課税で引き継げるというのが本来なのですが、遺贈の対象者というのはその600万円の人数に含まれません。
つまり法律婚に比べて600万円分の控除が受けられないということなんですね。

そしてもっと言うと法律婚をしている配偶者は「相続時の配偶者控除」があり、その金額はなんと最低1億6千万円です。
それを満額で使わない方が得なケースもあるので一概には言えませんが、最低600万円、最大で1億6千万円以上も非課税枠の違いがあるのは事実ですね。
何千万円というお金が課税対象になる相続においては細かい税率よりも初めの控除の額が重要なので、この違いというのは結構大きいです。
相続税についてはその仕組みを事前に知っておくことが大切。
よかったら「お金持ちの彼と結婚した後の相続の流れ」なども見てみてください。

そして社会保険について。
事実婚でも社会保険の被扶養者となることはできますが、届出婚とは違って事実婚の証明を行う手間があります。
事実婚で社会保険の扶養者になるというのは、ある種いいとこ取りのような側面もあるのでお勧めです。
その手続きやメリットについては、実際にその手続きを取っていたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」になぞらえて解説をしている別記事(逃げ恥の事実婚と扶養の仕組み)をご参考にしてください。

事実婚を解消したら慰謝料や財産分与はどうなる?

実は事実婚を解消しても、届出婚において離婚したときと同様に

慰謝料・財産分与・養育費などは内縁でも発生します

いつから事実婚状態だったのかの証明に手間がかかるケースが多いですが、いずれにせよ通常の離婚と同様の義務や権利が発生するものです。

重婚的内縁とは?

届出婚をしていて配偶者を持っている状態で、さらに他の異性と内縁関係にある状態のことを重婚的内縁と言います。

現在の日本の法においては重婚は禁止ですので、重婚的内縁は法律では保護されるべきではないとの考えが多数を占めていました。
しかし法律婚の夫婦関係が既に破綻している状態で始まった重婚的内縁であれば、同様の権利が認められる流れもあります。

たとえば本来であれば重婚的内縁状態でその関係が破綻しても慰謝料や財産分与の対象にはならないと見られていました。
しかし重婚をしている側に嘘があった(「妻とはもう終わっている」などと嘘をついて内縁を結んだ等)の状態であれば慰謝料の請求が認められます。

いずれにせよ、重婚的内縁を認めてもらうには届出婚をしている配偶者との関係が破綻していることが大前提です。

セカンドパートナーって何?

そして2021年ごろから新たに登場した男女の関係性として「セカンドパートナー」というものがありますよね。

ついさっき解説した重婚的内縁をさらにライトにしたもので、内縁状態とかの名前が付くような関係性ではないものの正規のパートナーとは別に異性と親密になること。
そして重要なのがそこに肉体関係はないということです。

もしもそこに肉体関係があってしまえばそれはただの不貞行為ですよね。
慰謝料請求の対象となってしまいます。(不貞行為と認められる証拠とは参照)
このセカンドパートナーという関係性は、配偶者とは別の異性とはそういった体の関係は持たないけれど心を満たしあうというもののようです。

この関係性に少しでも法律的な意味を持たせたのが先ほどの重婚的内縁ですよね。

このセカンドパートナーという新たな関係性が違法なものなのかどうかや、もし配偶者から慰謝料や離婚を請求された場合にその請求は通るのかどうかについても気になるところ。
セカンドパートナーの違法性や離婚事由についてもよかったら見てみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました