復縁工作の内容や復縁の方法とは!!

復縁工作の方法とは?

多くの復縁屋のホームページには「友達関係になって恋愛の悩みを聞く」、「年上の工作員が相談に乗って解決策を探る」といった手順にて、 対象者を心理的にコントロールするものとの説明がありますね。

そうやって聞くと一種の心理誘導やカウンセリングに近いものと言えそうです。

復縁工作の方法

復縁工作って本当にうまくいく?

別れさせ工作は恋愛関係になって浮気をさせるものです。

対して復縁工作は工作員とターゲットが友達関係になるというのが基本なので、その部分が大きく違いますよね。

復縁の方法:既読無視の状態でするべきこと

復縁をしたいと思ったときに、相手とどれだけ距離があるかでその難易度も変わってくるでしょう。
自然に復縁できる確率は13~18%というデータもあります。
それを見て「2割も無いのか・・・」と落ち込む方もいれば「5,6組に1組は自力で復縁できるのか」と前向きになった方もいるかもしれません。

しかし、その数字はあくまで平均的な統計であり、今の時点で大きく嫌われてしまっていては確率は2割を大きく下回ると考えるべきです。

自分と相手にどれほど距離があるのかを確かめる最も有効な方法が、連絡がスムーズに取れるかどうかです。
多くの方が個人間の連絡手段として使っているLINEでその距離感を測ることができるうえ、連絡手段が残っているのならそれを使った再アタックも可能です。
また、既にブロックされていることが濃厚という場合でも、この手順を参考にすることで道が拓けるかもしれません。

まずはブロックされているか確認

まずは、ブロックされているかの確認をしましょう。
ラインがブロックされてしまっているのでは、もうライン上ではどんなアプローチも無意味になってしまいます。

ラインをブロックされているか確認する方法

ブロックの有無についての確認方法は既にいくつかのやり方が知られていますが、その中でも最も手っ取り早くて確実な方法を一つご紹介。
ノーリスク・無料でのラインブロック確認方法を図解で説明しています。
まずは上記のページに沿ってブロックの有無を調べてみてください。

ブロックされている⇒他者というワンクッションを挟む

もしブロックをされているのならば、直接のアプローチしか方法がありません。

しかし、その状態であなた自身が直接会ったり、話しをするというのはただただ相手への嫌悪感を上げてしまうだけ。
もし周りの知人に協力をしてもらえる環境ならば、間に入ってもらってワンクッション空けてから自分の良さを知ってもらう必要があります。

復縁のコツ

ブロックをされているということは、今の時点での自分への印象は最悪だと覚悟してください。
最悪の印象を持っている人から何度もアプローチをされても、親密になれる可能性など無いに等しいですよね。
なので、必ず間に他人を挟むことを忘れないでください。

間に入ってくれる人がいない場合

間に入ってくれる共通の知人がいない場合は、こちらでそのワンクッションを用意する必要があります。
その共通の友人になってくれるのが工作会社です。
工作員が相手とあなたの間に入り、コミュニケーションが円滑に進むよう仲を取り持つというサービスこそが復縁工作の最大のメリットです。

お金を払うだけあって、自分の友人を使うよりも工作員は使い勝手がよいでしょう。
なにせ、自分が頼んだ時に自分に有利な行動をとってくれますので、時間に制約のある友人とはその部分に大きな違いがあります。
また、仲の良い友人であってもその全てを話せるわけではありません。
守秘義務を守ることが保証されている復縁屋・探偵社であれば、デリケートな悩みや希望も伝えやすいと言えます。

復縁工作のメリット

ブロックをされているならば自力での関係修復はかなり難しいです。
知人や工作会社などの助けを借りることをお勧めします。

ブロックされていない⇒工作に頼らずまだ自力での解決が見込める

確認をした結果ブロックをされていなかったならば、それはまだ最悪の状態には至っていないということを意味します。

この状態でも共通の友人などのアシストが利用できるに越したことはないのですが、それができない人の方が大多数でしょう。

ただ、ブロックをされていない状態ならば、手間やお金をかけて他者によるアシストを期待しなくても自分の力で状況の改善が図れます
自分で復縁を見込むうえで、絶対にやってはいけない点をお伝えします。

彼と復縁するには

ラインや電話で復縁を迫るのがダメな理由

ただし、真意が伝わりづらかったりタイムラグが生まれてしまうラインで復縁を迫るというのは避けた方が良いです。
Twitterなども同じこと。

こちらからアプローチをしたときに、相手の反応がダイレクトには感じれないので、このアプローチ方法が裏目に出ていたとしてもそれを確かめることができません。
気付いた時にはブロックされてしまっていたというのが関の山でしょう。

恋愛に限らず、全ての「今自分が不利な状況にいる場合の話し合い」全般に言えることですが、その状況では一方的に遮断ができるコミュニケーションツールは使わないほうが良いです。
こちらが伝えたいことを全て伝えきる前にそのツールが断たれてしまいかねません。
それを防ぐためにラインで長文を送るという方法を取ってしまう方も多いかもしれませんが、自分がそれをされた場合をイメージするとよいかと思いますが、ラインで読みづらい長文を送るのはあまり印象がいいものではありません

自力で復縁する方法

そして、この状態では突然電話をするなどもやめましょう。
時には相手の意表を突くことも大切ですが、既読無視されている微妙な関係性の中でその作戦は裏目に出ることが多いでしょう。
タイミングが合わないかもしれませんし、なにより突然電話がかかってきたら相手は身構えてしまいます。
一度だけならまだしも、相手が出なかったからといって執拗に何度も電話をしてしまうのは相手にとって負担や迷惑、恐怖になってしまい、そんな感情を持たれてしまっては相手との復縁は遠ざかる一方です。

直接の会話で相手の反応をダイレクトに見る

つまり、ラインも電話もしないほうがいいとなると、直接話すのが一番なのです。

自然に接点が持てるタイミングを見繕って、直接話に行くのがなによりの正攻法。
直接話すことで、相手の反応はダイレクトに分かります。
そのときの表情や言葉で、あなたへの印象を探っていくことも大切です。

元恋人と話す場を作る

もちろんそうやって話す際の場所選びとして、相手に警戒心を与えないようなシチュエーションであることは絶対条件です。
話す場さえ作れたら、あとは自分の魅力を最大限知ってもらいましょう。

あなたという人間の魅力に相手が気づいてくれるかどうか。
人付き合いや恋愛の本質とは結局はそれに尽きると思います。

背伸びをして一時的に自分を偽ったって、それは長続きしません。
ありのままの自分を知ってもらい、それを好意的に捉えてくれるかどうかなのです。

結婚も視野に入れた復縁を

なので自分磨きというのは大切ですよね。
その場限りの背伸びではなく、自然体ながらも魅力のある理想の自分になってその姿を見てもらいましょう。
それは偽りなどではなく、あなたの努力です。

いつの時代も恋に悩む人は多いですがそれを解決する方法は実はずっと分かりやすいもので、正面から話すという正攻法と自身の努力なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました