別れさせ工作に必要な期間は??口コミ検証!

高いお金を払って工作員を使うことで特定の男女を別れさせるのが別れさせ工作。
それにはいったいどれくらいの期間がかかるのでしょうか。
口コミやレビューを参考にリアルな数字を解明します!

カップルなのか夫婦なのか

別れさせ工作はその対象の男女がカップルなのか夫婦なのかによって難易度や必要期間が大きく変わるようです。
当然カップルの方が工作成功率も高くなる傾向にあり、口コミ評価も高くなっています

カップルであってもその男女に関する情報量がどれほどあるかにより期間部分に影響があるようです。

ですので別れさせる男女がカップルか夫婦かに分けてリアルな期間を解き明かしていきましょう。

別れさせ工作の期間

カップルの別れさせ工作:1~4か月

情報量によって差は生まれるもののリアルな口コミにおいては平均3か月ほどで別れさせ工作は成果が出るようです。

交際期間がどれほどあるのかや、その男女の信頼関係は今強い状態なのか弱いのかなどによって変わるのだろうというのは私たちもなんとなく予想がつきますよね。
もちろんその要素もあるのでしょうが、実際は接触のしやすさによって期間は左右されるということが口コミ結果に表れています。

ユーザーからは「初めの接触をしてもらうまでに想像以上に時間がかかる」という口コミが多いです。
つまり裏を返せば接触がしやすい対象者なのであれば、この1~4か月という期間も短い部類に入るかもしれないと考えられます。

カップルへの別れさせ工作にかかる時間

情報共有をしっかり行い、接触の難易度を下げる

いくら別れさせ屋はプロの業者と言えど、その対象者に関しては私たちの方が詳しいわけですよね。
依頼をする私たちの方はその男女に対して付き合いが長かったりしますので知っていることも多いはず。
なので「ここでこんな感じで接触をしたら彼は仲良くなってくれる」とイメージができます。
大事なのは、それをしっかりと別れさせ屋の人に伝えて共有することだと言えます。

別れさせ工作の口コミを見ていると、成功率や評判の高い業者は対応面を評価する声が多いです。
ということは工作前の依頼者からのヒアリングを丁寧に行っていると言えますよね。
その点からも、しっかりコミュニケーションを取って状況や情報をしっかり伝えることが大切だと言えますよね。

別れさせ屋の利用を考えているのであれば、自分たちの情報収集や伝え方を意識してみると工作のスムーズさが上がるかもしれません。
そしてそれは成功率という面だけでなく、工作期間を短くするという部分や安価に利用するという別のメリットも生まれるでしょう。

夫婦の別れさせ工作:半年~1年

夫婦の別れさせ工作は時間がかかります。

ただしこの「目的達成までにかかった期間」の「目的達成」の定義をどこに置くかで変わってきます。
どういうことかというと、目的を”離婚の成立”としているのか、それとも”相手の夫婦関係が破綻して別居を始めて、自分と相手が親密になれた”という段階にしているのかは人によって違いますので、そのどちらも含まれている数字であることは見逃してはいけません。
その人がどこにゴールを置いていたのかまでは一人一人にインタビューしないと絶対に分からないことですからね。どうしてもそこはごちゃまぜになった状態での半年~1年という結果です。

別れさせ工作を依頼する方の背景や希望はとても幅広く、口コミを見ていてもそのバリエーションの多さは感じられます。
相手や自分の人生に何を求めるのかという深い部分の思想も影響します。
自分勝手な工作もあれば浮気をされた被害者というケースもありますよね。みなさんはどちらでしょう。

夫婦の別れさせ工作にかかる期間

夫婦の別れさせ工作に時間がかかる理由

離婚というのはどちらか一方のわがままでは成立しません。

工作によって離婚ができる状況を作ったり夫婦のどちらかの意思を離婚に前向きにさせたもののそこから実際に離婚が成立するまでに時間がかかっているというのが、口コミ内において多くを占める意見です。

その理由の一つとして、夫婦間で離婚に合意すれば話は早いですが、もし離婚自体や細かい条件面で合意ができなければ離婚調停に発展することが挙げられます。

離婚調停は裁判のように中立で強制力を持った裁判官が絶対的な決定を下すのではなく、当事者同士の合意がなければ解決に至りません。
(詳しくは、離婚の流れと調停と裁判の違いをどうぞ!)

別れさせ工作と離婚

ですので人によって解決までにかかる期間は幅が生まれ、1か月で終了する場合もあれば1年以上かかる場合もあります。
調停で解決する場合の平均を大まかに出すならば、半年ほどが目安とは言われています。
と言うのも1か月に1回調停を開くとして、平均4~5回ほどの調停で合意に至ることが多いため約半年となります。

別れさせ屋がその調停までに影響を及ぼすことは難しいでしょう。
なのでそこに至るまでの状況づくりというのがメインだと私たちも考える必要があります。
それに親権の決定に浮気は関係ないということや、離婚時は財産分与や慰謝料・養育費などで揉めることが多いという点も考えておかないといけません。
別れさせ工作はそのきっかけ作りなのでそれ以外のことは自分で処理するか弁護士を間に入れることになります。

期間に幅が出やすいため【期間縛り】の工作契約は不向き

別れさせ工作の契約期間

カップルの別れさせであっても3か月ほどのバッファを持たせて依頼に臨んだ方が良さそうです。
それが夫婦の別れさせならさらに長期的な視点を持つ覚悟が必要です。

そのため工作期間に縛りがある契約方法というのは私たちにとって都合が悪いものと言えるでしょう。
別れさせ屋の選び方でもご紹介していますが、工作契約には【回数型】と【期間型】の二つの形態があります。
先の見えない別れさせ工作をするうえでは、できるだけ長い間サポートが受けられる契約方法が適していると言えます。

その中で予めタイムリミットが決められている【期間型】の契約は、別れさせ工作には不向きと言えます。
何回接触をするかが決められておらず不明瞭というデメリットもありますし、多くの面から期間型契約は避けた方が無難です。
別れさせ屋がどういう契約方法を取っているのかなどは別れさせ屋の最新評判ランキングなども見てみてくださいね!

急ぎであれば別れさせ工作以外の方法を!

「絶対に〇ヶ月以内に別れさせてほしい」という状況は、口コミ事例としてはあまり多くは見られません。

ただし例えば「数か月以内に婚約してしまう男女を別れさせてほしい」という状況などでは、婚約する前に動くことで色々なメリットが生まれます。
まずひとつは、夫婦になってしまうと別れさせ工作の成功率は大きく下がります。
そしてこの記事でも触れているようにかかる時間が大幅に増えます。

なのでそういったケースでは少しでも早く工作を始めることが費用面でも成功率においても有利と言えますが、タイムリミットが数か月しかないのであれば長期的な恋愛工作は間に合わない可能性もあります。

そこで実際に口コミ事例として寄せられた解決方法の一つが、「依頼者との浮気の事実を彼らに知らしめる」というもの。
多くの場合、その男女のどちらから依頼者が浮気関係にあるケースが多いので、シンプルにそれを認識させることで効果を得ていくという方法。

ハニートラップや恋愛工作とは、つまるところ浮気相手を1から作り上げていくことですが、既に依頼者という浮気相手がいるのであればそれを利用すればかかる期間は大幅に短縮される、という仕組みのようです。

全てのケースでこれができるわけではないと思いますが、もし自分のケースでこの方法もアリかなと思えるのならば、かかる期間や費用を大幅に軽減させられるかもしれません。
別れさせ屋に依頼した方がいいケースと別れさせ工作を依頼しない方がいいケースの違いもあります。その違いなどもよかったら確認してみてください。

別の考え方としては、シンプルに工作員によるハニートラップを行って少しずつ相手の気持ちを揺さぶらせておくというのもいいでしょう。
そのタイムリミット内で最後まで完結することを望むのではなく、ゆっくりでも確実心に忍び込んでいってその浮気の種を残しておくことは、今後長期的な目線で見た時に役に立つかもしれません。
結婚した後よりかは結婚する前に始めておく方が確実性は高いと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました