別れ話の切り出し方【ラインと直接はどちらがいい?】

別れ話の切り出し方

相手と別れたいと思ったときに、その意思をどのように伝えるのか。
それによってその後、トラブルに発展してしまうかどうかが大きく左右されます。

伝えるシチュエーションや波風立たない言い方を理解し、関係をきれいに清算して次の恋に進みましょう。

こちらに復縁の意志がないなら対面はダメ!

もうこちらにはこの恋をやり直すという気持ちが一切なく、少しでも早く別れたいと思っている状態なのであれば直接会うことはデメリットしかありません

直接会って別れを伝えることのデメリットを見ていきましょう。

まだチャンスがあると思われる

こちらから別れたいと思ったのであれば、ライン等で済ませずに時間を作って直接会ってその意思を伝えるのは誠意のある対応と言えますよね。
でもその誠意は、相手からすると「まだ俺(私)のこと好きなのではないか?」と誤解をさせることに繋がります。

その誤解が後々の相手からのしつこいアプローチに繋がります。

自分が好意的に思っていない人からのアプローチほど、鬱陶しいものはありません。

もしもあなたが、自分のポリシーとして「大切なことを伝えるときは会って話したい!」と思っている場合でも、別れ話というのは男女の恋愛感情が醜く変化する可能性を含んだデリケートなものなので、自分のこだわりよりも今後数年の人生の安泰を優先しましょう。

会って別れを伝えるときの注意点

どうしても会わなくてはいけないとき

しかし交際期間が長いなどの場合や、相手が直接家や職場に押し掛けてきた場合等、顔を合わせなくてはいけないシチュエーションもあります。

対面しての別れ話になってしまった際の注意点としては以下のようになります。

感情的にならない

対面して話し合う時に一番陥ってしまうのが、その場の勢いでつい刺激的なことを言ってしまうということ。

別れたいという意思と、そう思う理由さえ告げればもうそれ以上は深く語る必要はありません。
そこで日頃の愚痴などをぶつけてしまうのは、まさに百害あって一利なし。
相手も感情的になってしまい、ただでさえ面倒くさい「復縁したい」という気持ちがさらにねじ曲がり「復讐してやる」という憎悪に変わりかねません。

お互いに嫌に思っていることを伝え合うのは、円滑な人間関係を育むうえで大切なことだという意見もありますが、それは今後も相手と関係を持ち続ける場合に言えること。
もうこの先は他人になるのであれば、それを擦る必要はありません。

人目の多い場所で、日中に話す

シチュエーションを選ぶうえで大切なのが、たとえば夜の自宅前などあまり人気がないところで話すのは避けるということ。

別れ話になると途端に激昂し、普段とは全く様子が変わってしまう人というのは一定数います。

人目に触れるところであれば相手も多少の自制心や羞恥心が働くため、冷静な話し合いができる可能性が上がります。

ラインでの別れ話が無難な理由

別れ話をラインで伝える

以上のことから、対面で別れ話をする機会を作るのは、相手がそれを強く望んでいる場合を除いては避けましょう。

そうなると、消去法的にラインでの別れ話をするのが良いと言えます。

対面ではなく非対面の別れ話のメリットは下記のようなものがあります。

時間を取られない

メッセージを送るときも、それに対する相手からの返信を見るときも、全て自分の都合の良い時にそれができます。

別れ話となるとつい時間がかかります。
こちらから伝えることを伝えてブロック!というのはトラブルの元。
できれば相手からの返信を待って、それに対して何か言葉を返すなど、最低でも1.5往復のやり取りは必要。
それをいつやるかをこちらの都合次第で調整できるのは大きなメリットです。

脅迫的なことを言われても形に残る

男性女性問わず、痴情のもつれのトラブル・犯罪は多いです。
大げさではなく、男女関係のトラブルが元になって包丁で刺してしまったというニュースは年代を問わず発生します。

残念ながらそれは、対面でも非対面でも発生するリスク。

それならせめて、相手が何を言ったのかが形に残るようにライン等での別れ話が良いでしょう。

感情的にならずにやりとりができる

先ほど、対面での別れ話の注意点でも触れましたが、感情的に話すことは絶対に避けなくてはいけません。
しかし対面での別れ話となると、相手がヒートアップしたことに合わせてこちらもつい攻撃的になってしまう可能性があります。

また、相手の言葉や態度によっては別れの意志が弱まってしまい、そのまま中途半端に関係を持ち続けてしまうことにもなりかねません。

しかしライン等のツールでは、時間をかけてじっくりと言葉をチョイスして意思の伝達ができます。

特に普段から周囲の意見に惑わされやすいタイプの人は余計にラインでの別れが向いています。

ラインでの別れを伝えるテクニック

ラインで別れを伝える際のポイントは、こちらにはもう好意がなく、関係を続けることも今後復縁をすることもないという意思をはっきり伝えること。

対面ではなくスマホでのやり取りは、どんなものでもそうですがこちらの意志がそのまま伝わってくれるとは限りません。

なのでその点を注意しつつ、以下のポイントを抑えましょう。

長文ではなく短文で

長文を送ると、そのどこかしらの揚げ足をとられて話が終わりません
相手にツッコミどころを与えてしまう、というイメージに近いです。

回りくどい表現は避けて、別れたいという気持ちとその理由だけを端的に伝えましょう。

浮気を疑われないよう、やり取りの頻度は落とさない

相手が一番気にするのが、浮気されているのかどうかです。

ちゃんと付き合った結果「自分は違う」と評価を下されたのであれば諦めがつく人も多いでしょう。
しかしほんのちょっとの出来心で浮気をされて、それが原因で自分が捨てられたと分かれば話は違います
浮気相手にもそうですし、浮気をした本人にも憎しみの感情が生まれるのも普通の流れ。

痛くもない腹を探られることは避けたいところ。

そうなると、興味がなくなったからと言って少し前からライン等の返事の速度を落とすのは、浮気を疑われる原因になります。

それをするメリットは無いので、今まで通り接している中で別れ話を切り出しましょう。

もし万が一あなたが浮気をしている状態なのであれば、絶対にそれは相手にバレないように別れましょう。
浮気はいけないことですが、相手にバレないように浮気をするというのがせめてものマナーです。

別れのやりとりは「最低1.5往復」 

先ほども触れましたが、まずこちらが別れの意思を伝えて、相手から返事があり、それに対してこちらも言葉を返して初めて最低限の儀礼が終わります。
こちらから一方的にメッセージを送ってブロックをしていては、その後自宅や職場に相手が来る可能性が生まれるでしょう。
元恋人をつきまといに変えたくないのであれば、ラインのやり取りであっても最低限の誠意は見せるべきです。

タイトルとURLをコピーしました