戸籍って何?結婚、離婚、子供の名字、親権で戸籍はどう変わるのか

戸籍と結婚と離婚

結婚や離婚の際は戸籍上の手続きを取らなくてはいけません。

そしてその際に自分や子供の名字をどうするかという点も、戸籍が大きく関わります。

そもそも戸籍制度とは何なのかという点から解説をしていきます。

戸籍とは?

戸籍とはその人と家族の関係を公的に表したものです。

世界的に見ると珍しい制度であり、日本と中国くらいでしか運用されていません。

中国においては農村部に住む住民を正確に把握するための旧態依然としたものとなりつつあるようですが日本においては未だに暮らしの中で重要な意味合いを果たしており、結婚も戸籍制度上の話ですし戸籍に入っていなければパスポートを作ることもできません。

結婚とは戸籍を同一にするという意味です。

戸籍が同じなのであればたとえ別居していたり夫婦関係が冷えていてもそれは結婚しているのです。
なので結婚を”入籍”と言うのですね。

入籍と戸籍とは

戸籍制度とはもともと日本では”土地と人を結び付ける”という考えが根付いていたため作られた制度ですが、今なお重要な役割を果たしています。

ちなみに近年増えている「事実婚」や「内縁関係」は、戸籍は同一にしない夫婦という意味です。
それによるメリットなどを知りたい方は事実婚や内縁の違いとメリットもご覧くださいね。

結婚と戸籍の関係

戸籍を理解する上でのイメージとしては、

結婚をすると戸籍が増える。離婚しても消滅しない。

というものになります。

核家族という言葉をご存知でしょうか。
核家族とは、「夫婦のみの世帯」や「夫婦とその未婚の子供」の一家を指します。

戸籍というのは、核家族の数だけ存在します。

つまり、子供が誰かと結婚すればそれは新しい核家族ができるので、戸籍がこの世に一つ増えるということになります。

戸籍と結婚

私たちは初めは誰もが未婚ですよね。
つまりその状態では、自分の親の戸籍に入っているということになります。

戸籍には「筆頭者」という代表者を選定する必要がありますが、基本的にそれは父親がなることがあり、筆頭者の姓をその戸籍の全員が名乗ります
なので日本では結婚すると女性は夫の姓を名乗るのですね。

そしてその家庭の子供が結婚をするとその子供はそれまでの戸籍を抜け、結婚相手との新しい戸籍を作ってそこに入ることになります。
その子供が男性であっても女性であっても同じことです。

離婚したら妻や子供の戸籍はどうなる?

まず基本的に、男性側には特に変化も手続きもありません。

さきほど「結婚をすると戸籍が増える。離婚しても消滅しない」と言いました。
なので男性側の場合は結婚すると自分が筆頭者となる戸籍が増えることになり、仮に離婚してもその戸籍が消滅することはありません
なので元々入っていた両親の戸籍に戻ることはなく、自分一人だけになったとしても自分一人だけの戸籍に入り続けるということです。

大枠については立法府による戸籍の参照サイトにまとめられていますが、ここではそれを分かりやすく解説したいと思います。
対して女性側には主に3つのパターンが考えられます

離婚による戸籍や名前の変更手続き方法

パターン① 妻は元々入っていた両親の戸籍に戻る

一つは、元々入っていた両親の戸籍に戻るパターン。
女性側は、結婚時に入った新しい戸籍で自分が筆頭者でない(=旦那が筆頭者だった)のならば、このパターンが許されます。
許されるというか、基本的にはこのパターンになるのが原則です。
なので離婚届けを出して、その後特に何も手続きをしなければ自動的に両親の戸籍に戻ることになります。

ちなみに、もしも離婚時に両親が共に亡くなってしまっている場合は戻る戸籍がありませんので、ここから説明する残り2つのパターンのどちらかを選ぶことになります。

また、離婚した際に子供がいて、子供と同じ戸籍に入りたい場合は、この①のパターンは選べません。
なぜなら先ほど説明したように、戸籍とは核家族をひと単位として存在します。
「自分の両親と自分」で一つの核家族なので、そこに自分の子供を入れることはできないのです。
なのでもし子供がいる状態で離婚をしてこの①のパターンを取ると、子供は元旦那の戸籍に入ったままになるので、母親と子供の姓が違うという状況が生まれます。
先ほど、「戸籍と親権は無関係」と言いましたが、「戸籍と氏名は連動」しています。

パターン② 結婚時の姓のまま、新しい戸籍を作る

2つ目のパターンは、結婚時に名乗っていた元旦那の姓のまま、自分が筆頭者の新しい戸籍を作るパターンです。
離婚をした後も結婚時の姓を名乗りたい場合はこのパターン一択になります。

また、このパターンであれば「自分と子供」が同じ戸籍に入ることができます。

パターン③ 旧姓に戻して、新しい戸籍を作る

3つ目のパターンは、2つ目のパターンにおいて「自分の旧姓を名乗る」場合です。
元旦那の姓ではなく自分が元々名乗っていた姓で、自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ります。

2つ目のパターンと同様に子供と同じ戸籍に入ることができ、さらには自分と子供は元旦那と違う姓を名乗ることができます。

それぞれのパターンの弊害

戸籍と親権は関係がないので、基本的には表立った弊害はありません。

ただし、パターンによっては同居している母と子で名乗る姓が違うという状況が生まれ、それは保険の契約などにおいて親子関係を証明しなくてはいけないときに手間が生じます。
自分の戸籍謄本を提出してもその戸籍には自分一人しかいませんので、親子関係の証明になりません。
なので子供の戸籍謄本を提出する必要が生まれます。

それ以外には、戸籍が違ったり姓が違ったとしても特に日常的な不都合は無いと言えます。
思春期で多感な子供が親と名前が違うことに敏感になったり、学校で急に名前が変わったことを周りから何か言われるなどのことはあるので、子供のことも考えて選択しましょう。

親権と戸籍の関係

戸籍と親権は関係あるのか

結論から言いますと、親権と戸籍というのは直接的な関係はありません

なので離婚をして妻が戸籍から抜けて、子供は未だに元旦那の戸籍に入ったままであっても、妻が子供の親権を得ることも育児をすることも可能です。

子供が元旦那の戸籍に入り続けているから妻は親権を得にくくなる等ということは一切ありません。

しかしそのように、妻だけが戸籍から抜けたうえで妻が親権の内監護権だけを取得した場合(=財産管理権は取得していない場合)は、子供を元旦那の戸籍から抜けさせるには子供が15歳になるまで待たなくてはいけません。
なぜなら、子供の戸籍を変更するには財産管理権が必要だからです。
親権について詳しくは、親権の決定方法と浮気や不倫の関係について記した記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました