不貞行為とは?どこからが浮気?【裁判で勝てる不倫の証拠】

慰謝料を取るための証拠

不貞行為とは具体的になにを指すのでしょうか。
そもそもどこからが浮気なのでしょう。

もしもパートナーに浮気をされたときに取るべき行動や、
裁判で慰謝料を請求するときに必要になる証拠を解説します。

不貞行為にキスは含まれません!

法が定める定義としては、

不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶ不法行為。

となります。

夫婦間には配偶者以外と肉体関係を結んではいけないという貞操義務が存在しますので、その義務に反する行為(=不貞行為)を犯したのならば、それは離婚事由になります

不貞行為とは何か


しかしそれはキスだけでは不貞行為になりません

仮に、知らない女性と手をつないでいたりキスをしている写真を持っていたとしても、それを使って離婚や慰謝料は勝ち取れません。
なぜならば、その写真を突きつけたところで相手が肉体関係を否定してしまえばその写真では「キスをする」以上の関係であることは証明できないため、不貞行為の証拠にはならないのです。

よくドラマなどで、深夜の繁華街で抱き合っていたり路上でキスをしている写真を突きつけるシーンがありますが、あれは現実的に言うとほぼ意味のない写真と言えてしまうわけです。

では実際は不貞行為を証明して慰謝料を得るにはどんな証拠が必要なのでしょうか。

浮気の証拠と慰謝料

不貞行為の証拠=ホテルや相手の家に出入りする写真

必要なのは

肉体関係が継続的に結ばれていると推認できる証拠

です。

しかし、性行為の最中の様子を撮影することなどできません。

なので多くの場合それは、ホテルや相手の家に出入りしている写真になります。

民事上もラブホテルは性行為をするために使用する場所と認識されていますし、一組の男女が夜通し同じ家に泊まっていたのならそれは不貞行為とみなされます。
なので必ずしもラブホテルに行っていない場合でも、相手の家に泊まっている証拠(=夜までにその家に入って、翌日朝以降に出てくる様子をそれぞれ撮影した写真)があれば、不貞行為の証明になります。

浮気の証拠

継続性を証明できるかが分かれ道

ポイントは肉体関係が継続的に結ばれているという部分になります。

相手の不貞行為を理由に離婚したいのであれば、たった1度ホテルを出入りしている写真が撮れてもあまり意味はありません

過去の判例においても、1回分の不貞の証拠のみを理由に離婚が成立した事例はほぼ存在しません。
継続的に不貞行為が結ばれている証明にはならないうえ、「相手の体調が悪くなったのですぐ近くのホテルに入って横になってもらった」という言い訳を崩すのも難しいためです。

そのため、ラブホテルなどの証拠能力の高い写真であっても2~3回分の証拠は撮っておく必要があります。
3回ほどの証明ができればその継続性の証明には十分なうえ、どのような言い訳も通用しない立証ができます。

慰謝料と不倫

離婚Q&A~こんなケースは離婚できる?~

風俗通いを理由に離婚できるか

肉体関係があればできます。

肉体関係が結ばれておりそれを複数回証明できるという条件付きです。

キャバクラはただ異性とお酒を飲んでいるだけと言えてしまうので、不貞行為とは言えません。

しかし、風俗通いを辞める気がなくいくつかの弊害を伴う場合(育児に悪影響、金欠など)は「婚姻関係を継続し難い重大な事由」に該当するとして離婚請求をする道もあります。
詳しくは、離婚事由を記した「離婚を成立させる方法」をご覧ください。

風俗通いで離婚をする方法

同性との不倫で離婚できるか

できますが、証明が難しいです。

法が定める不貞行為の定義には「異性との肉体関係」と記されていますが、社会全体が多様性を認め始めたことにより、法の解釈も徐々に変わってきています。
なので、同性と不倫をされたから離婚はできないと諦めることはありません。

同性との浮気や不倫と離婚

しかしそれとは別問題として、同性同士で肉体関係を結んでいることを証明するのが難しいです。

肉体関係を結んでいることを立証するには前述の通り、相手の家やホテルへの出入りを写真として残すことが現実的ですが、既婚者が同性の友達の家に泊まったことを「不貞行為だ!」と断じることはできません
それはホテルであっても同じこと。

この部分はまだ判例が少ないので今後解釈が変わる可能性が大いにありますが、2020年時点では、「体を密着させ手をつなぎながらラブホテルに入る様子を何度も撮影できた」等というケース以外ではその関係性を明白にすることが難しいのが現状です。

【番外編】相手の家よりもラブホテルで浮気される方が都合がいい!?

ここまでをまとめると、

  • 不貞行為は1回分ではなく2~3回分撮影する必要がある
  • ホテルではなく相手の家に出入りしている場合は、前日に入る様子と翌日に出る様子のセットでの撮影が必要

と解説をしてきました。
それを踏まえた上で、ここでひとつ実践的な知識をご紹介します。

ラブホテルに出入りしている場合は、相手の家に出入りしている場合よりも証拠の撮影が楽なので、探偵に依頼した場合の費用も安くなるようです。

それにはあるルールが関係しています。

ラブホテルは「訪れた」という事実だけで十分

ラブホテルを使わず相手の自宅に出入りしている場合は、前述の通り、そこに入る様子と出る様子が両方とも撮影できなければ証拠能力を持ちません。
なぜなら、夜通しそこにいたという証明が必要だからです。

法的に言うと「既婚者は異性の家に行ってはいけない」という厳しい決まりはないので、一晩そこで過ごしたという事実が複数回積み重なって初めて不貞行為の証明になります。

しかしラブホテルは、既に触れた通り民法上でも「ラブホテルは肉体関係を結ぶための場所」と見られますので、「そこに行った」という事実だけで十分な証拠能力を持ちます。
(細かいことを言えば、最低でも40分~1時間くらいの滞在は必要なようで、仮に10分ほどで出てきてしまっては証拠として不十分ですが)

つまりラブホテルは、相手の家の場合と違って入るところ(チェックイン)か出てくるところ(チェックアウト)のどちらか一方だけでも鮮明に撮影できれば証拠として認められるようです。
そのルールがある点は、現実的に探偵に依頼をして浮気の証拠撮影を頼んだ時にかかる費用にかなり影響します。

相手の家の場合は丸1日近い張り込みが必要。ラブホテルなら数時間でOK

相手の家の場合はその出入りを両方撮らなくては意味がないため、たとえば前日の18時に家に入ったあとに翌日の12時に出てきた場合、それだけで18時間の張り込み時間が必要になります。

どの探偵社も稼働時間によって料金が決まるので、張り込み時間が伸びれば伸びるほど金額も上がります
それに、18時に浮気相手の家に行くまでの間も尾行をしなくてはいけないケースもあるでしょうし、次の日の夕方に出てくるのならおおよそ24時間近い時間、調査料金を払い続けなくてはいけません。

平均的に見ると、探偵社の浮気調査の料金は5~6時間で15万円~20万円が相場になっているようです。
24時間調査を行うだけで60万円~70万円以上はかかると思った方がよいので、丸一日調査をするとなると相当な金額になります。

対してラブホテルの場合は、前述の通りチェックインかチェックアウトのどちらかだけでも意味を為します。
それに夜通し泊まる人よりも休憩として数時間で出てくる人の方が多いため、入ってから出てくるまでずっと張り込みをしたとしても丸1日といった長時間にはなりにくいでしょう。

そういった背景から、実は私たちのお財布に優しいのはラブホテルでの不倫なのです。

ラブホテルの方が綺麗に撮影をしやすい!?

依頼する側の財布に優しいと言っても、結局十分な証拠が撮れなければ意味がありません。

実際に浮気調査を依頼しても、しっかり目的の写真が撮れるケースばかりではないようです。
探偵にまつわる口コミサイトは当サイトだけではなくいくつかあるようですが、全てが成功するわけではないのが探偵の怖いところ。

少しでも確率の高い状況で依頼をしたいところです。

そして、条件として恵まれているのは、実はこれもラブホテルなのです。
それは主に立地が影響します。

相手の家の場合は、その全てが人通りや車通りの多い大通りに面したマンションなはずもなく、入り組んだ細い道に面しているところに浮気相手の家があるというケースもたくさんあるでしょう。
そのような状況では、玄関に入るところを正面から自然に撮影するのも難しいかもしれません。

対してラブホテルは、常識的に考えて、住宅街の中に急に建っているものではありませんよね。
その多くが繁華街の中にあり、車で乗り付けることができる場所も多いです。
デリヘルやホテヘルといった、ラブホテルに風俗嬢を派遣するサービスもあるくらいなので、車でその付近に待機しやすい状況が多いでしょう。

何時に出てくるか分からない中で探偵の調査員はかなり長い間そこで張り込みをすることになるので、人通りのない住宅街よりもラブホテルなどの繁華街の方が活躍がしやすいのでしょう。

【最後に】どこからが浮気なのか?

カップルの場合は浮気されたからと言って慰謝料などが発生する関係性ではないため、何をもって浮気とするかは人それぞれの価値観に委ねられます。

一方で、夫婦間において「どこからが浮気なのか」という疑問に対しては、法的には「肉体関係を結んだら浮気」という答えになるでしょう。

浮気と不倫の違い

また、浮気と不倫の違いについても同じことが言え、その二つの言葉の違いは人の価値観によります。
何をもって浮気や不倫とするかの境界線はあなたの基準で問題ありませんが、相手に離婚や慰謝料請求をしたいのであれば肉体関係があるかどうかが重要です。

タイトルとURLをコピーしました