盗聴器を見つけることはできるのか。自分で発見する方法

盗聴器を見つける方法

相手から恨みを買ったり痴情のもつれなのでの盗聴器の恐怖は、一度考えだすときりがありません。
一日でも早く抜け出すためにはその実物を見つけ出すしかない!
その発見方法を検証します。

市販の機材で盗聴器を見つけることはできるのか

当サイトでは別の記事でも盗聴器の種類を解説してきました。

その中で各盗聴器の見つけにくさについても触れてきました。
改めてまとめると下記の通りとなります。

盗聴方式発見の難易度
電波式容易
有線式やや容易
電波と有線のハイブリット中間
ボイスレコーダー中間
スクランブル式やや困難(専用発見器を持っているかで変動)
スイッチ式やや困難(専用発見器を持っているかで変動)
レーザー盗聴ほぼ不可能
コンクリートマイク不可能

発見器を使えば見つけることができるものもあれば発見が不可能なものもあります。

電波式のように見つけることができる盗聴器であっても、こちらが使う発見器の性能によっては見つけられないケースもあります。
続いては巷に出回る発見器の性能について、リアルな実態を解説していきましょう。

ネットで買える盗聴発見器の実際の性能

盗聴器に種類があるように、発見器にも種類があります。

そしてその値段や性能はまさにピンキリ。
盗聴器よりもその発見器の方が性能に幅があると言えます。

そして盗聴器に怯える方々の中には自分で発見器を購入して調査をする人もいますが、そういった方は盗聴器に二度振り回されていると言えてしまいます。
まずは盗聴器の恐怖に振り回され、そして購入した発見器の使い方を誤っているために心労を増やしてしまっています。

はっきり目安を言いますと、おおよそ市販で買える発見器の中で5万円を切るものは実用的ではありません
中には数千円~1万円のハンディタイプのものもありますが、そういった安い発見器は両極端に分かれ、何にでも反応するか、逆に何にも反応しないかのどちらかです。

プロの業者が遣う発見器は、物によっては100万円以上するみたいです。
ハンディタイプの手ごろな物であっても10万円~20万円ほどが相場になります。
安い物を買って「自分で調べたら家の中で何でも反応したから盗聴器が仕掛けられています」と顔を真っ青にして慌てている人もいるかもしれませんが、もしもっと早く業者に頼んでいたのであればその市販の発見器に費やした1万円ほどを浮かせることができたでしょう。
その安い発見器による自分自身の調査は何の参考にもならず、99%お金と時間の無駄です。

盗聴器の発見方法とは

発見業者が遣う発見器の種類と調査結果の信憑性

業者が使う発見器は、大きく分けて二つに分かれるようです。
それを持って歩いて回るハンディタイプの物と、床にどかっと広げてアンテナを立てる固定機です。
固定機という言葉は電波式の盗聴器を解説したときにも登場しましたね。

発見業者の中には、固定機を持たずハンディタイプだけで調査をする業者もあるようです。
しかし固定機を使わない・所有しないのであれば、それは満足な調査ができるとはちょっと思えませんよね。

まず調査の流れとしては、固定機をセッティングして周波数帯を0から順にスキャンします。
もしも作動中の盗聴器があればその周波数帯で固定機がストップし、傍受した音声がそのまま流れます。
それにより「この室内に盗聴器がある」という事実がまず分かります。
そしてそのうえでハンディタイプの機材で徐々に場所を絞り込むことで発見に至るというのが、本来の正しい発見調査の流れのようです。

ちなみに固定機というのは、物にもよりますがおおよそ50~100メートルの範囲の電波探査ができます。
ここがポイントとなります。

裏を返せば、100万円以上する固定機を室内の真ん中にどんと広げて大きなアンテナを立てたとしても、せいぜいその100メートルくらいしか電波が拾えないもののようです。
犯人側の視点からすると、犯人はすぐ近くの部屋を賃貸で借りていない限りは付近の道路上に車を停めてその室内からハンディタイプの受信機で音を拾っているのでしょう。
固定機は車の中で広げられるほど小さなものではありません。

つまり犯人は車の中などで小さな受信機で拾うが、業者はその部屋の中で大きな固定機を広げて高性能な探査ができるため、どう考えても調べる業者側の方が傍受できる状況が良いのです。
業者による固定機の調査で怪しい電波がなかったのであれば、それは極めて盗聴されている可能性が低いと断言することができます。

ここまで性能などをまとめてきましたが、やっぱり盗聴器が怖いのでプロの発見業者に依頼をしたいと考えた場合は、盗聴発見業者の実力と限界を比較という記事もご参考にしてくださいね。
昔流行った「盗聴器発見番組」の裏側などを参考に、本当に業者なら発見できるのかという部分のリアルをえぐる内容です。

盗聴器を仕掛けられるときにも色々な状況があると思います。
相手から一方的な恨みや興味を持たれているときや、あとは仕事の機密情報とか浮気の証拠を撮るためなんていう話も聞きますよね。
そういった目的で盗聴器を設置して、実際に目的通り録音できたとして、そういう録音データは裁判の証拠などで使えるのでしょうか?
盗聴や盗撮で違法行為の証拠を撮った場合の有効性についても良かったら見てみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました