昔好きだった人と再会したい!同級生・同僚と会う方法

再会する方法

大人になるとふと、学生時代の楽しい思い出や甘い恋愛経験がよみがえることがありますよね。

今は連絡が取れない同級生と再会するための方法をピックアップ!

SNSをフル活用!調べやすい世の中

TwitterやFacebookはもちろん、tiktokなどの新たなツールも増えており、以前と比べて格段にネット上での情報収集がしやすい世の中になっています。

Facebookは実名登録が基本なので一番信頼できると思われがちですが、その分継続的に利用している人の割合も少ないです。
過去のものがあったとしても今本人が通知などを確認していなければそこでアプローチをしても届きませんよね。
なのでできるだけ日常的に使っているであろうツールの方が接触の役に立ちやすいです。

共通の友人網は結婚などを機に衰退しがち

自分と相手の間に共通の知人がいれば話は早いですが、そうそう上手くはいきませんよね。
同級生だったのであれば以前はお互い顔見知りの相手も多数いたでしょうが、年齢を増していくと共に疎遠になるのが常。

そしてその疎遠のなり方には一つ特徴があり、やはり結婚を機に多くの人が学生時代の友人との繋がりが薄くなる傾向にあります。
結婚や出産・子育てをするとそれに手いっぱいになり頭を悩ませることも増えます。

なので再開したい相手がいる場合、結婚適齢期と呼ばれる30歳前後をお互い過ぎているかどうかでその難易度が変わると言えるのかもしれませんね。

マッチングアプリは盲点!意外と多いかも?

マッチングアプリ上で知り合いや旧友のアカウントを見つけたという経験、ありませんか?
意外とありますよね。

再会したいな~と思う相手がマッチングアプリに登録していたというケースはあなどれません。
相手の今の連絡先とかは分からなくてもそれ以外の細かい情報を駆使して検索をかけていき、そして丹念に探しましょう。
ポイントは、登録者数の多いアプリや検索機能が充実しているアプリから優先して探してみることです!
一応その二つを満たす良質なアプリはペアーズが該当しますがそれ以外にも二番手・三番手のアプリも順に探せば、この方法はお金があまりかからないのでぜひ行っていきたいところ。
マッチングアプリの比較の記事も参考に登録者数の多いところから探してみては??

手掛かり無しなら探偵や出会い業者へ

SNS上での情報収集に限界がきたのなら、早い段階でプロに依頼をした方が賢明です。

人探しのプロとは探偵社になりますが、その探偵社に「出会い工作」という付加サービスが加わった出会わせ屋なる業者も存在します。

探偵社は基本的には調べるだけであり、その情報をこちらに渡してそれで終わりです。
しかし出会わせ屋はそのうえで自然な再会ができるよう工作員をこちらにつけてくれたり普段の行動を細かく探ってくれるなどのサービスが期待できるようです。
出会わせ屋や出会い工作の評判については、それをまとめた別記事も参考にしてください。

興信所と探偵の違い《豆知識》

元々はその二つには、一応の違いはありました。

  • 興信所・・・データ上で対象者を検索し、調べる
  • 探偵事務所・・・調査員が張り込みや尾行で調べ、撮影する

といった違いです。

しかし法的に言うと興信所と探偵事務所には明確な違いはなく、現在では興信所と名乗っていても調査員が足を使って現場で張り込みをしているところも多数あるでしょう。
逆に、探偵事務所と名乗っていてもデータバンクなどでの調査に対応しているところも存在しているようです。

なので今ではその二つに関しては名前の違いは重要ではありません。

しかし、データバンク上での調査に対応している業者に依頼をするときに気を付けるべきことがあります。

他人の住民票を入手する

「住民票を取り寄せられます」という興信所に要注意!

ネットで少し調べるだけでも、「弊社では住民票を取り寄せることができます」と宣伝をしている業者も見受けられます。
中には、それは違法なことを自覚しているからか、ネット上には公開していないものの問い合わせをするとそういう案内をする業者もあるようです。

しかしひとつはっきり言えるのは、個人情報の管理が厳しくなって久しい現代において、他者が本人に無断で住民票を手に入れることは違法以外の何ものでもありません。

その業者が「ウチの方法なら大丈夫です!」とどれだけ説明をしても、合法的に他人の住民票を得る手段はそもそもありません。
間にどういった立場・職業の人間が携わっているにせよ、どこかしらで法規に触れる手段を取っています。

その違法性をこちらも認識した上でその闇サービスを利用することはこちらも罪に問われる恐れもありますので、当サイトでは断じてお勧めしません。

個人情報の管理が厳しい社会の弊害

個人情報保護法が2005年の4月に施行されてからかなりの年月が経ち、個人を特定できる情報はむやみやたらにネットに公開してはいけない・しないほうがいいという感覚を多くの人が持っているかと思います。

ネットに出回る個人の情報の量も表向きには減ったのでしょう。

しかし、だからこそ個人情報の価値が上がってしまっており、一部のアンダーグラウンドでは保険者のリストや同窓生の個人情報一覧を闇の業者に売ることで金を得るという手段もあると聞きます。
クラスの連絡網に同級生全員の名前と電話番号が載っていたころが懐かしいですが、そういう時代では価値を持たなかったものが逆に価値を持ってしまい、闇の中で取引されれている現代です。

同級生と再会したいという純粋な思いを満たすため、自分の力でSNS等を探るのは全く問題ないですが、そういった闇の市場で出回る個人情報をお金で買うのは、気持ち的にも良いものではありませんよね。

それに、いつか自分がそのように情報を売られる立場になるかもしれません。

ネット社会の中で相手の情報を調べる際は、それぞれが自制心や節度を持ってそれに接することが大切です。
なので探偵社などに依頼をする際も、それが合法的で自分も納得できる手法なのかという点もよく考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました