しつこい恋人と別れる方法【別れたいのに別れてくれない対処法】

初めは魅力を感じて交際をスタートさせたけど、付き合うにつれて見えてくる彼氏・彼女の嫌な部分。
「この人は違うな」と思ったら、新しい恋を探すためにもスパッと別れを切り出すべき。

しかし、そこで相手がすんなりと別れてくれなかった場合に、私たちはどうするべきなのでしょう
別れるための準備から、具体的な方法を考えていきましょう。

【前提】あなたが別れると言った時点で破局成立です

まずは具体的な解決策ではなく、恋愛の大前提をしっかり認識して有利に物事を進めましょう
つまりこれは、こちらの立場をはっきりとさせるための準備です。

難しいことを考えず、恋人関係はどちらか一方が別れたいと相手に伝えた時点で、もうそれで終わりです。それ以上はなにもありません。

恋人と別れる方法

結婚と違い、恋人を縛るルールはなにもありません。
なので、その時点で相手が未だに恋愛関係を迫ってきたり交際関係にあると言ってくるのであれば、それは相手が間違ったことをしている、との認識を強く持つことから始めましょう。

相手に対して一方的に別れを告げることにうしろめたさを感じている人もいるかもしれません。

しかし、今まで付き合ってきた相手に急にそんな冷たくできない、という優しさがあるのであれば、『中途半端な優しさは自分も相手も不幸にする』との考え方も知ってほしいです。

曖昧な態度を取る恋人

あなたの人生はたったひとつしかなく、この先も続いていきます。
次の人生に進むと決めたのであれば、相手にも次の人生に踏み出してもらえるようにはっきりと別れを告げてあげることが、せめてこちらがするべきことではないでしょうか。

中途半端に接することが自分にも相手にも悪いこと、つまり「最悪の別れ方」であることを強く認識してください。

では次から、しっかりと別れるためにこちらが取るべき具体策を考えていきましょう。

①まずは形に残る方法で別れを告げる

上記を踏まえた上でまず私たちがやるべきことは、しっかりと後で第三者に見せても分かるように別れを告げること。

だからと言って、いきなりライン等で一方的に別れを告げる必要はありません。
そのような冷たい態度を取れば相手が逆上してしまう可能性もありますので、まずは電話や直接会って伝えるなど、しっかり気持ちを伝えられる方法を選ぶべきです。

しかしそのうえで相手が納得せず関係がこじれはじめてきたのであれば、そのうえでラインなどの文章で改めて別れたい意思を告げることです。
これが後々大切になってきます

②知人に相談など、周囲を巻き込む

自分で何度も別れを切り出しているのに相手が別れに納得せず、事態が長期化し始めているという段階で次にやるべきことが、知人・共通の友人などに一人でも多く相談することです。

この方法をとるメリットは2つあります。
ひとつは単純に、友人などに相談することで自分を客観視でき、よりよい解決策が見つかるかもしれません。
共通の知人なのであればその人経由で話しがまとまることもありますし、相手も自分の社会的な印象が下がることを恐れてあなたへの執着を抑えることも考えられます。

面倒くさい彼氏との別れ方


もうひとつのメリットは、こうして元恋人と揉めているという事実を少しでも多く残すことです。

できればこのメリットは今後活かされないような展開になるのがよいのですが、もしこの先警察が介入する等のストーカー的な事案に発展した場合、知人などの証言により事実関係がよりはっきりと証明されます。

先ほど、ライン等の文章で形に残る意思表示をすることが後々大切になると書きましたが、そういった自分発信のメッセージだけではなく、友人などの第三者発信の証拠も作っておくとなお良いでしょう。

いつから相手との関係がこじれていてあなたはいつから悩んでいた、などの事実を友人にしっかりと把握させておくことは、後々のあなたの味方を作っておくことになります。
あなたと元恋人の1対1の争いではなく、2対1にも3対1にもすることで解決は早まります。

しつこい恋人

逃げるは恥だが役に立つ

知人の助言などでも有効な打開策が見つからず、共通の友人からの仲裁・注意もできないなどの状況においては、残念ながら、あなた自身が遠くに引っ越すなどの消極的な方法が現実的になります。

【逃げるは恥だが役に立つ】とは2016年に社会的に流行ったドラマで、その物語の中でのキーとなる言葉です。
意味としてはそのままです。

「逃げる」という言葉には、世間的には消極的なイメージがつきまといます。
恥ずかしい行為でしょう。
しかし、分が悪い相手・そもそも勝って打ちのめす必要のない相手と戦うときは、逃げることはとても役に立ちます
なぜなら、世の中にはまだ私たちが知らない不条理がたくさんあるからです。

男女関係における理不尽さ。知っていますか?

世の中には不条理なこともたくさんあり必ずしも被害者が救済されるとは限りません。

当サイトでは恋愛・結婚関係の知識を主に解説していますのでその中で例を示す、たとえば「慰謝料」や「養育費」もそうです。
相手に浮気をされたときなどにもらえる慰謝料も裁判で100万円の支払いが決定したとしても相手が「そんなに蓄えがない」と言ってしまえば払ってもらえません。
無い袖は振れないからです
養育費においても実際に支払われているのは全体の3割弱。つまり7割の夫婦は養育費を踏み倒されており、片方が一方的に負担を強いられて子育てをしています。
(詳しくは養育費の相場と支払い額の現実

裁判で私たちに有利な判決が出ていたとしてもそれほどの不条理が発生しています。
そういった理不尽な出来事や仕組みに全て真正面から立ち向かっていてはとても体力や気力が持ちません。

逃げることはかっこ悪いですが別に恥ずかしくてもいいじゃないですか。
遠くに引っ越して仕事も変えて。無職になって実家に転がり込むことになったらそれは恥ずかしいことだと世間は言うかもしれませんが、自分の人生が前向きに救われるならそっちのほうがよっぽど素晴らしいことです。

相手との話し合いなどを自分の力で円満に収めることができない場合、逃げるのも悪くないのではないでしょうか?

ですので逃げられる環境ならばプライドや恥を捨てて逃げてください

恋人としっかり別れるには

しかし世の中には色々な事情で簡単に逃げ出せない人もいます
そうなった場合はもうこちらから警察に相談にいくこととなります。

ストーカー行為と呼べるなら警察へ

別れを承諾しない元恋人がどんな態度なのか、こちらが迷惑だと思うような行為を普段どれ程しているのかによって警察のサポートを受けられるかは変わってきます。

なにせ恋愛関係の揉め事は古今東西どこにでもあります。
あなたと同じ悩みを抱えている人も必ずたくさんいます。
そのため、残念ですがその全てに対して当事者が満足するまで警察が間に入ってくれることはありません。
ただしあなたの「別れたい」という意思が全く通じず、相手の執念が悪質化している状態ならばぜひ警察に相談に行ってください。

ストーカー問題での警察の対応

しかし、相談に行ったものの有効な解決策は示してくれなかったり、そもそもそこまで悪質化はしていないという状態においては、もう「時間が解決するのを待つ」か「別れさせ業者に依頼をする」という二択になります。

しかし、時間による解決が見込めるのならそもそもそこまで悩んではいないかもしれませんね。
相手に新しい恋人などができれば状況は変わってくるかもしれませんが、それはいつになるのか分かりませんし、その間はずっと耐え続けなくてはいけません。

別れさせ業者に依頼をするというのは、その「新しい恋人」をこちら側で意図的に作り出すことで別れられる状況を作るというものです。
ここまで紹介した方法の中で一番お金のかかる方法ではありますが、より確実に早く別れる方法と言えるものです。

別れさせ屋を使うメリット

別れさせ屋は民間の企業なので、警察とは根本から違うものです。
なので業者数もたくさんありますし、行っているサービスもストーカー対策だけではなくて、自分の恋愛を叶えるための様々なサービスを展開しているようです。

それを使う最大のメリットは、私たちにとってかなり使い勝手が良いということ
先ほど解説した「警察を頼る」という方法は、お金がほぼ全くかからないという最大のメリットがありますが、だからこそどこまでのサポートを一生懸命してくれるかはその状況に寄ります。
こちらの被害度合いもそうですが、対応してくれる警察官の性格にもよるでしょう。

別れさせ屋の利用な高額なお金がかかりますが、「お金を払っている依頼者」という立場になるので、どういったことをどこまでしてほしいのかは私たちが決めることができます

また、別れさせ屋は警察とは全く違う手段で元恋人からの執着から逃れる状況を作るため、その点もメリットと言えるでしょう。
方法の違いについて考えていきましょう。

警察と別れさせ屋の方法の違い

警察と別れさせ屋はそもそも解決をするために取る手段も全く違います。

警察の場合はその執行力を利用して、相手に「接近禁止令」を出したりすることができます。

それに対して別れさせ屋は、つきまとってくる相手に別の恋人を作るという方法をとることが多いでしょう。
どちらが適しているかはその状況によりけりですが、まさに柔と剛と言えるほどまったく違う方法です。

根本的な解決を図ったほうが結果的にはこちらの安心につながるため、相手の性格や今の状況を見極めて、その180度違う2つの方法のどちらが適しているかを考えてみると良いでしょう。

別れさせ屋は多くが無料相談を行っていますのでそこを利用してみるのも手ですが、当然どの業者もビジネスですので、多くの業者が「工作をした方が良いですよ」と勧めると思いますのでそこは流されないように話を聞く必要があります。

別れさせ屋のデメリット

別れさせ屋を利用することの最大のデメリットは、成功するかどうかが未知数ということ。

もちろん警察がとる方法も必ずしも効果的であるとは言えませんが、お金がかかっているものではないので私たちへの経済的なダメージはありません。
しかし別れさせ屋は仮にその方法が失敗に終わってもお金が返ってきませんので、それが最大のデメリット。

また、たくさんの別れさせ屋がありますが、残念ですが安定して結果を出すことができていない業者もあります。
その見極め作業も私たちでやらなくてはいけません。
しかしその二つ目のデメリットは、当サイトの利用である程度は軽減できるかと思います。

別れさせ屋の利用者の感想や口コミをまとめたランキング等を作成しているため、その実態や実力差が見えづらい別れさせ屋の評判を可視化しています。
宜しければ別れさせ屋の評判ランキングなども、最適な選択肢を選ぶ参考にしてもらえたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました