別れた後もしつこく連絡してくる元カレの特徴!【こんな男には要注意】

男女間のトラブルに少しでも遭遇しないで済むよう、異性についての多くのデータを学びましょう。

多くの人にとって「元恋人」は平均4~5人いる

平均すると、30代半ばで結婚をした女性がそれまでに交際してきた人数はおおよそ4~6人が最も多いと言われています。
仮に6人目で結婚をしたとなると、結婚までに5人の彼氏がいたということ。

つまり、多くの人にとって「元恋人」は平均4~5人は居ることになります。

あなたは過去の「元恋人」たちと、あと腐れなく綺麗サッパリ別れられたでしょうか?

交際前のチェックポイントとして、「こんな男は別れるとき揉めやすい」という特徴をピックアップしました。

非モテ系男子は要注意

恋愛は「相手に必要とされる喜び」を感じることができますよね。

それを承認欲求などと言いますが、その欲求を自分のタイプの異性からの好意によって満たすことができれば、それは思わず舞い上がってしまうほど嬉しいものですよね。

初めて恋人ができると執着しやすい

しかし、今まで多くの恋愛をしてきていない非モテ系男子は、その「異性に必要とされる経験」が乏しいです。

一度あなたのおかげでその経験ができてしまうと、すぐ切り替えて元の独りの暮らしに戻ることができません

自身にとって初恋に近い恋愛で、さらには交際中に非常に舞い上がっている男性は、別れ話をした後もしつこく連絡をとってきたり復縁をすがったり、最悪の場合ストーカー行為や探偵を使って情報を得ようとしやすいです。

man

モテていない男子でも、性格的なしつこさや執念深さがあるかどうかで判断しましょう。

ただ、初めは執念深いタイプに見えなくても、あなたと過ごした時間に彼が満足すればするほど、それを取り戻したいと気が変わるもの。
要注意です。

一方的にプレゼントを送ってくる男

やたらと羽振りがよくて食事のお金もいつも全部出してくれるし、記念日じゃなくてもプレゼントをくれる男性っていますよね。

食事など、その場で消えていくものはあまり問題はありません。
気を付けるべきは形に残るプレゼントです。

present

男とは見栄を張る生き物です。
自分に対して好意を寄せる人間にはいいところを見せたいものです。
しかし別れるとなった女性には途端に手の平を返す男はたくさんいます。

今までは羽振りよくプレゼントしてくれていたものを返せだとか、その分のお金を払えなどと言われたという話は、男女関係の至るところに転がっているあるある話。

恋というよりも金に執着のある男ならば、必ずそこにこだわってきます。

men

「今(交際中)はそんなケチな感じしないから大丈夫!」 と考えるのは危険です!
あたなに対してもう見栄を張る必要が無いと判断すれば、別人のように変わることがあります。

ラインの返事がいつも異様に早い男

皆さんの周りにも、男女問わずラインを始めとしたSNSの返事が異様に早い人はいるはず。

しかも、仕事なのかいつもより30分くらい返事が遅いと思ったら「返すの遅くなっちゃってごめん!」と謝ってくるタイプは要注意です。
その人の中では、早く返さないといけないというのが常識化しているのです。

SNSの返事が早い男は執着しやすい


返事の早さは、相手への意識の強さの表れです。

自分はその人に夢中だし、その人にも自分を意識していてほしいから常に繋がっていたいという心理があります。

そういう男に対して一番やってはいけないのが唐突なラインブロックです。
連絡頻度にこだわる男が、その連絡ツールが根本から断たれてしまったとき、なんとしてでもまた話がしたいと強く思う傾向にあります。

話し合いの上でその男の「重さ」をしっかりと自覚してもらい、はっきりと別れ話をしましょう。

突然のラインブロックは相手を逆撫でさせる

恋際中に仕事を辞めたなど、ステイタスが下がった男

ストーカーの相談件数は毎年全国で2万件近くに上りますが、実際に検挙された人を分類すると、会社役員などよりもフリーターや無職の人が圧倒的に多いです。

つきまとい行為に必要なのは、その歪んだ執着心と時間です。

元々自由な時間が多い男も要注意ですが、交際中に職を失ったなどで経済力が落ち、それを理由にあなたが相手を振ったとしたならば、それは相手の執着の対象になりやすいケースと言えます。
相手には時間があるうえに、一度に二つの大切なもの(彼女と仕事)を失って自棄になってしまう、と言う心理になる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました